スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報が欲しい


昨夜、静岡でも大きな地震がありましたね。
本当に、どうなってしまうんだろう…不安でいっぱいです。

原発の問題も、みなさん気にされていると思います。
原子力発電所のことは、詳しい知識がないのでまったくわかりません…しかし、東京電力の皆さん・自衛隊の皆さんなど、命をかけて被害が広がらないように頑張ってくれています。
テレビを見ながら、応援することしかできません。

被害を受けていない僕たちが今できることは、「自分の今やらなくてはならないことをきちんとする」です。
当たり前のことかもしれませんが、これしかできません。

僕たちの、力が必要な時が来たら立ち上がれるよう、今は力を蓄えておきましょう。


今は、目の前の仕事をきちんとすることが、僕たちにできることです。



前回のブログのコメントに、神奈川県に住む看護師仲間のケンスケにいやんが「できることをやろう」と題して記入してくれました。

「できることをやろう」

節電:関東で徹底的に節電する。
献血:震災直後は混雑する。ナマモノなのですぐに行かずに時期をずらして何度も行くこと。×風邪薬
電話:あまり被災地宛に電話をしない。災害伝言ダイヤル171等を活用して被災者に回線を空ける。
義援金:信頼できるところ(日本財団や新聞社、コンビニの募金箱、TSUTAYAポイントなど)に全力で突っ込む。
支援活動:被災地に爆音ヘリや爆音車両で近づかない。 ヘルプの声がかき消される。 また、無理に近づいて二次災害や交通マヒを引き起こさない。(道路には規制がかかっている模様)
支援物資:物流が全く機能していないので無理に個別に送ろうとせず、自治体や企業等に依頼や相乗りすること。 新潟地震の教訓「いらないものは送らない」。仕分けにとんでもない手間がかかったそうです。
経済支援:東北産のものを優先的に購入する。
納税:落ち着いたらふるさと納税で支援。
啓発:企業などにメールをして訴える。飲料メーカーなら飲料を、おむつメーカーならおむつを、送ってくださるようお願いする。
啓発その2:東京以西の会社員は、みんなで上に支援を呼びかける。
マスコミ:原発でむやみに不安を煽ったり、救助活動の邪魔をしたりしないこと。
計画停電で想定されることを報道すること。
ボランティア:今は行きたくても控える。過去にもあった通り、パニックになるだけ。もし行くなら、トイレから食料まで自前で用意していくこと。
感謝:個人的感情は捨てて、支援してくれる国や人には素直に感謝をする。
冷静:常に冷静沈着であること。常に平静であること。 ガソリンや食料を買い占めない。




メールやSNSなど、デマ情報が飛び交っているようです。
確実に被災地に届く方法をきちんと考え、行動しましょう。


昨日、わずかながら義援金をしようと伊那市役所へ行ってきました。
市役所内には「義援金特設室」が設けられています。
一人の若者が「個人的に義援金箱を持って街頭に立ちたいのですが、いいでしょうか?」と入ってきました。
みんな、力になりたいのです。
みんなの想い、届け!

201103151232000.jpg




もう一つ話をさせてください。

地震は、長野県内でも起きました。
「栄村」では、今でも避難所生活を余儀なくされている方が沢山いらっしゃいます。
被害の大きい「東北地方」の報道が大きく扱われていますが、
県内の被災状況がいまいち伝わってきません。
僕達夫婦にとって、とても大切な友人夫婦のご家族も大きな被害を受けてしまいました。
県内でも家族の安否を心配している方が多いことを知っていただきたい。

もし、協力していただけるようであれば、テレビ局やラジオ局にメールをしていただけたら嬉しいです。
(ABN・NBS・SBCにはメールを送ってみました)
報道のカメラが多く入ってしまい被災地の方々に迷惑がかかってしまっても良くないのですが…
食料や義援金は県内の被災地にも必要なのだ、と言うこと
被害にあった家族が、どんな生活をしているのか?
食料や防寒など、不足していないか?など、知りたい情報を伝えてほしいのです。





スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ - ジャンル : ブログ

コメント

No title

他のHPのコピペですが、確かにな~と思って転載しました。
昨晩、静岡で地震があって、妻の実家に電話がなかなか繋がらず、ハラハラしました。
知人がいる場所に地震がおきてみてはじめて、他の場所での地震を「他人事」にしか見ていなかった自分に気がつきました。
栄村の情報のメール自分もしてみます。

No title

にいやん!ありがとう。
本当に、その通りだと思う。実際に被災地に知人や家族がいることで「自分事」と思える。奥さんの実家は大丈夫だった?
どこで、地震や災害が起こるかわからない今、当たり前のように過ぎている時間がとてつもなく幸せなんだと気づかされています。

栄村のメールありがとね。
そして、いつもありがとう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。