スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母と子の物語・・・

今日のブログは妻、フミカが書いてくれます。



先日、無事断乳が完了しました。


本当はもう少し母乳育児を続けようと思っていたんですが、
「パイパイ」と言えるようになってから日に日におっぱいへの執着が増し、ご飯をあまり食べなくなってきてしまったこと、
おっぱいを吸って安心したいのか、夜頻繁に起きるようになってしまったこと、
いまだに生理がやってこないことなどから、
1歳を過ぎたあたりから断乳を考えるようになりました。


そしてなにより、幸運なことに産まれてから一度もミルクを飲むことなく母乳で育てることができ、風邪も引かず元気に1歳を迎えてくれたことで、
私の中で1つの達成感が芽生えたことが一番の大きな理由かもしれません。


DSCN6472_convert_20101116180543.jpg



母乳育児の1年を振り返ってみると、ひまりと私しか知らない思い出がいっぱい詰まっています…


できれば母乳で育てたいと思っていた私は、
妊娠中も病院から教わったおっぱいマッサージを「おっぱいがでますよーに!」と願掛けしながら毎日続けたこと。


ひまりを産んですぐ、カンガルーケアの一環でおっぱいを吸わせたんですが、
まだ出ないおっぱいを一生懸命吸うひまりがかわいくて、かわいくて・・・
このときに母乳で育てられたら幸せだなぁと改めて実感したこと。


しかし、入院中は全然母乳が出ず
母乳を出すには頻回授乳をしなくてはいけないので、
お腹が空いているのに母乳が出ないおっぱいをくわえさせられて号泣するひまりを
「ごめんね、ごめんね」となだめながら、朝も昼も夜も夜中も朝方もとにかく吸わせ続けたこと。


母乳をあげる体勢が悪く(必死に吸わせようとするから、体に変な力が入っていたみたい)、体がゴチゴチに硬くなって頭痛を起こしたり、
うまくおっぱいをくわえさせれなくて、乳首が切れて血が出るなんてしょっちゅうで、
毎回激痛と戦いながらの授乳が辛くなり、もう母乳は諦めようかと思ったこと。


そしてようやく、退院間際に母乳が出るように
けれど安心したのもつかの間、今度は出すぎるようになってしまって
おっぱいがガチガチになってしまい痛い!!
ようやく需要と供給のバランスが取れ、痛みもなくなり穏やかな授乳タイムがもてるようになったのは、生後1ヶ月を過ぎた頃からでした。




もちろんミルクだって素晴らしく完璧な栄養だし、母乳の子もミルクの子もどちらも同じように元気に育つんだと思います。
けれど、いろんな理由から母乳育児を断念する人も多い中で、ここまで母乳でこれたことは本当に有難いことだと実感しています。


そして何より、出ないおっぱいを頑張って吸ってくれたひまりに感謝です。





…って、断乳記を書くつもりが、母乳記になってしまった
長くなってしまいましたが、思い出に断乳の様子も


まずは断乳に向けて、少しずつ授乳の回数を減らしていこうと、
朝起きたひまりに「これからちょっとずつパイパイなしにしていこうね、今日からお昼の時間までパイパイなしで頑張ろうね」と声をかけると
話の内容がわかったのかなんなのか「エーン」と泣いた。

これは先が思いやられるなぁと覚悟を決めたけれど、なぜだかその日からいきなり朝起きてから夜寝る間際までの授乳がなくなった。
それまでは、日中3~5回も授乳していたのに
欲しそうな素振りを見せても、好きな食べ物を与えたり、一緒に遊んであげると気がまぎれるみたいで
それほど愚図らないので、母ちゃんは拍子抜け…

断乳はもう少し先にしようかと考えていたけれど、この様子だと今が断乳のタイミングなのかも・・・と1週間後から断乳を開始することに。


まず、カレンダーをひまりに見せて、断乳をスタートする日に笑っている顔を描いた。
(怒っている顔にしなかったのは、ひまりが大好きなおっぱいを嫌いになって終わってほしくなかったから)
そしてひまりに「この日がきたら、パイパイにお顔さんがやってくるから、パイパイはもう飲めなくなっちゃうの。でも、ひまりはもうパイパイがなくても元気に育つってことだよ。
ご飯もお母ちゃんと同じようなものが食べれるようになるよ。嬉しいね!」
と毎朝1回言い聞かせるようにしました。




そして、いよいよ断乳当日の朝、 「今日がパイパイ最後の日だよ。もうすぐお顔さんがやってくるから、パイパイにバイバイしようね」 と話したんです。
そしたら、初めてひまりが「バイバイ」と手を振ったんです。
今までこの話をしてるときは一度もバイバイしてくれなかったのに
ひまりなりにわかっていたのかなぁ・・・

そして、その日の夕方に最後の授乳。
いやー、泣かないと決めていたのにやっぱり泣いちゃいました。
ここまで母乳で育てられたという感慨深い気持ちと、もう二度とひまりにおっぱいをやることはできないという寂しい気持ちが入り混じってました。

ひまりがおっぱいを吸う顔、私しか知らない顔・・・
じっと見つめて心に焼き付けました。



そして、最後の授乳が終わると、おっぱいに顔を描いて「おっぱいにお顔さんが来たよ」「パイパイ、バイバイだよ」というと、
ひまりは「バイバイ」とまた手を振りました。



その日の夜は、やはり泣いたり愚図ったりはするものの、考えていたよりは全然許容範囲内。
2日目には、ほとんど愚図らず寝てくれるようになりました。
そして、順調にいっていた断乳4日目に、ひまりさんまさかの突発性発疹
けれど、おっぱいを欲しそうな様子もみせないし、今さらまたあげてひまりを混乱させてもいけないと思い様子を見ていましたが、
なんとかそのまま断乳を続行することができました。


かなりおっぱいに執着していたので、もっと大変になると覚悟していたけれど、
予想以上にすんなり断乳することができ、夫と胸を撫で下ろしています。
たまたまタイミングが良かったのか、言い聞かせていたのが良かったのかわかりませんが、
言い聞かせることで、私自身にも母乳をやめる覚悟ができたので私はやってよかったと実感しています。



断乳して1週間少し経ちましたが、一番の変化は食欲がすごく出てきたこと。
断乳前は食べ物に興味がなく、食事の時間になっても椅子に座らず遊びだしちゃってたんですが、
今はご飯の準備をしているときから早くちょうだい!と
「マンマ!マンマー!」コールを頂いています
自らご飯をくれと口を開けてきたり、自分でフォークに食べ物をさして食べることも増えてきたし、食事の最中はご飯のそばから離れることが少なくなってきたし、こんなにパクパク食べてくれるようになって本当に嬉しい(涙)
でも、これからは、どのくらいの量をあげたらいいのか迷ってしまいそうです
すぐ「マンマ!マンマ!」って言ってくるし



りんごだって丸ごとパクリッ!
777.jpg


盗み食い名人になりました…
8888.jpg


それと、夜も良く寝てくれるようになってきました。
まだ少し起きてしまうけど、背中トントンだけでまた寝たり、私に触っていると安心するようで、私の体に触れるだけで寝てくれるようになったので、
私はとっても楽になりました。
寝かしつけも子守唄を歌いながら、トントンで寝てくれるようにもなってきたし

やっぱり、おっぱいをやめるとグンとお姉ちゃんになるんですね。



ひまり、今まで幸せなおっぱいタイムをありがとう。
これからは、いっぱい食べて大きくなろうね。


DSCN6446+-+繧ウ繝斐・_convert_20101116181836

DSCN6465_convert_20101116181913.jpg



写真は、紅葉が綺麗なもみじ湖にて。
この後、ひまりさん発熱しました





・・・皆さん、牡蠣事件ではご心配メッセージありがとうございました。
私は元気です。

もう、牡蠣は食べません(涙)
スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ - ジャンル : ブログ

コメント

お疲れ様でした。

史佳さんお疲れ様でした*** とっても、参考になる断乳日記でした。
私も、断乳を考えていて体重の増えが伸び悩んでいるのが心配なとこなんです。 二人目を考えていて、なかなか授からない不安もあり、断乳をしようかと考えています。
(^_^)v 寂しさと期待が入り混じっていて悩み中です。そして歯が当たると激痛!涙 やめてー。
なので我が家も、これを気に頑張ってみます。

No title

わかる!わかるよー!
歯が当たると激痛だよね(涙)
なみかちゃんも断乳考えてるんだね。
母の強い意志があれば、子供にも伝わると思う!
なみかちゃんとこまちちゃんの良いタイミングで断乳がスタートできますように・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。