スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会いは、TSUTAYA

<今回のブログは、peticalmでcoccoのRainingを歌ってくれた 和美ちゃんが担当してくれました>


出会いは、TSUTAYA でした。

手に取った、一枚のフライヤー・・・

「行こう!」

直感で、心惹かれるものがありました。

忘れもしない、2007年11月17日。
その瞬間から、私は、「和み」のトリコになっていたのだろう。



    
Vol.3では、観客だった自分は、今回は“音楽”を提供する立場にいました。


単純に音楽が好きで、音楽に触れているときには、一番自分が開放的になれる。

自分は、実は、人見知りをしたり、人と話すことが苦手だったり、
とにかく小心者です。

そんな自分を、変えたくて、一応努力してきたつもり。


自分が楽でいられるときは、やっぱり音楽なのだと確信しました。

お客さんも予想以上に集まってくれて、感動しました。

自己満足だけのイベントになっていることが不安でしたが、お客さんの笑顔や体でリズムを取ってくれている姿を見て、きっと何かが伝わっていたのだろうと思いました。私自身も自然と笑顔になれていました。

テクニックはないけど、それでも、“何か”を伝えたくて・・・

今回は、Cocco のRainingを歌いました。

歌詞はとてつもなく悲しいのだけど、メロディーがとっても優しくて、
不思議な感情になり、前向きになれる歌です。

P1000796_convert_20090608204644.jpg


人が何を感じたのか、どんな評価をしてくださったのか・・・そんなことは気にしなかった。(といったら、ちょっと嘘になるけれど)
歌うこと。
人を惹きつけるだけのテクニックはありません。
その一瞬を伝えるためには、莫大なパワーを費やすこと、自分自身が楽しむこと、それには自分を信じることが大事だと感じました。

長い長い練習期間があったこと、それは消去されてしまったかのように、一瞬で、終わってしまいました。

peticalmの仲間に受け入れてもらえて、本当に嬉しかった。

歌うことを許してくれた、peticalmのメンバーに感謝します。

和みに関わって、温かい・やさしい気持ちになれた。
たくさんの出会いがあったし、たくさんのことを学んだし、人をつなぐ音楽のすごさを改めて体感しました。

本当にありがとう。


※遠方から来てくれた、かなぴょん・はっしー ありがとう!!
スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント


タイミング悪く、あの時は席を外してましたが、遠巻きに「頑張ってるなぁ」って感じで聴いてました。


和みに関わった背景は知らなかったけど、今blogで経緯を知ると、あの時の頑張ってる感は、これだったんだなぁって思います。

おじさんは、頑張ってる人が大好きです。


無我夢中

ありがとうございました!
らんばーさんにも何かが伝わっていたとしたら、すごく嬉しいです!
この一曲が、自分を少しでも成長させてくれるた気がします☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。